闇金への支払い終わっているはずなのに取り立てが来た時の対処方法と結末

近年、闇金業者へ支払いが終わったのに取り立ての電話がくる、勝手にお金を振り込まれて返済を求められるという手口が広まっています。

 

このような手口にあってしまうと闇金被害が大きくなってしまい夫や妻、実家にまで被害がいってしまう可能性が高いです。

 

早期解決が求められる事体なんです。

 

ここではこのような手口になってしまった時にしなければいけない対策、闇金被害が広がらないようにする対策を調べました。

 

今すぐ闇金問題を解決したい方は今すぐ相談!

Duelパートナー法律事務所

 

今すぐ闇金問題をなんとかしないといけない!そんな方はDuelパートナー法律事務所に相談がオススメ。

 

闇金問題にも強くて、解決実績多数の弁護士事務所です。

 

タップで無料通話ができます!

ただ今のお時間はお電話が繋がりやすくなっています。

 

借り入れをしていないのに取り立てがくるのはカラ貸し、押し貸し

 

  • 完済したのに金利の返済をしろと言われる
  • 融資をお願いしていないのに貸付をされる
  • 勝手にお金を振り込まれた
  • 借り入れをした覚えのない業者から返済の電話がくる

 

このような手口をカラ貸し、押し貸しと言われる手口。

 

なぜこのようなことが起こるのかというと、闇金業者は手に入れた個人情報を名簿としてまとめて、他の闇金業者に売っているからなんです。

 

手に入れた個人情報を元に融資の催促をする

 

闇金からお金を借りていたい人の名簿を手に入れた闇金業者は、ダイレクトメールを送ったり融資の催促の電話をしたりします。

 

ただ、このような融資のお願いをしてくる闇金業者ならまだ良いほう。

 

悪質な闇金業者に名簿が渡ってしまうと勝手に振り込みをして取り立てをしたり、貸していないのに取り立ての電話をしたりするんです。

 

売られた個人情報には保証人の情報も含まれている

 

売られたあなたの情報にはこのような情報が含まれています。

 

  • 名前
  • 電話番号
  • 職場の連絡先
  • 保証人として教えた連絡先
  • 銀行口座

 

借り入れをした時に闇金業者に教えた情報がそのまま他の闇金業者へ知れ渡ってしまうんです。

 

悪質な闇金業者に保証人として教えた人の連絡先や、勤務先の連絡先を知られているということは何をされるか分かりません。

 

なので、早く対策をする必要があるんです。

カラ貸し、押し貸しをされた時の対処方法

 

カラ貸し、押し貸しをされたらすぐにこのような対処をしてください!

 

  • 電話番号の変更、解約
  • 銀行口座の解約
  • 職場が変わっているのであれば絶対に教えない

 

まずしなければいけないのが電話番号の解約や変更。

 

いってしまえば闇金業者が知っている情報は古い情報。

 

職場や家族の連絡先が変わっているのであれば、あとはあなたの連絡先さえ変更してしまえば闇金業者は連絡はできなくなります。

 

あと重要なのが銀行口座を解約すること。

 

闇金業者に銀行口座を知られていると腹いせにお金を少額振り込まれ、闇金の捜査をしている警察があなたも闇金業者の一味と思われて逮捕されてしまう可能性もあります。

 

必ず銀行口座は解約してください。

そのままにしておくと家族や会社に嫌がらせが始まってしまう

 

借り入れをしていないから無視をしていいでしょ!と思いのは普通のこと。

 

しかし、カラ貸しや押し貸しの場合はそのままにしておくと家族や職場に嫌がらせの電話をされる可能性があるので注意してください!

 

このような悪質な闇金業者の基本的な考え方は脅せばお金を振り込むだろう!という考え。

 

たとえあなたが闇金業者に対して強い態度で電話をしたとしても、「それなら会社や家族に取り立てをするからいいよ」と言って終わることがほとんど。

 

カラ貸しや押し貸しは他の闇金の手口に比べてあなた以外に取り立てがいってしまう確率が高いんです。

解決が難しいのであれば闇金問題解決の専門家に相談

 

以前と職場が変わっている、実家の連絡先は変わっているというのであれば、あなたの電話番号を変えればすぐに解決できる問題。

 

しかし、職場は闇金から借り入れをしている時と同じだし転職も難しい、家族や実家の連絡先も変わっていない。

 

そんな場合だと1人で解決するのはすごく難しいです。

 

解決するのであれば闇金問題に強い弁護士や司法書士に相談することで迅速に解決できます。

 

相談は無料です。

 

ぜひまずは相談をしてみてください!